RSS

徒然日記-名刺管理

投稿日時:2018/04/30(月) 22:17

去る人あれば来る人あり
4月は人事異動の時期でもありますね。
当然受け取る名刺も多くなるわけです。

交換した名刺を名刺入れに入れる。
そこにある名刺の束を見るたびに、いつかは整理しないとと思いつつ十数年、
とある会社の名刺が十数人分あるけれど、誰が現在の担当なのかわからない。
なんてこともあったり…。

ここは一念発起、名刺のいい管理方法はないものかと情報収集。
だが、どれもピンとこない。
仕方がない、四の五の言わずに評判のいいのを試してみる。

というわけで、いつも以上に長い前置きになってしまいましたが、
スマホアプリを試してみました。

Wantedly People
面倒くさいのでリンクとかは無しです。
が、ウェブサイトは wantedly people です。

インストール終了。
アプリを立ち上げた画面です。

「今すぐはじめる」をタップすると

自分のプロフィールを作るため、自分の名刺を読み込ませます。

こんな感じでターゲットリングのような輪っかが出てきて、
名刺を認識してますよと知らせてくれます。

そこで画面下の丸いボタンをタップ

すると名刺から情報を読み取り、プロフィール設定画面へ移ります。

メールアドレスと役職を入力すると次の画面へ移るのですが、

なんだこれは!

どうやらこのアプリを使っている同業者、今回は「工務店」をキーワードとして
既存ユーザーの情報を引っ張ってきているようです。
LINEやFacebookみたいな…
とりあえず無視して右下の青丸矢印をタップ

プロフィールで設定したメールアドレスに認証メールが届きます。

認証する前でも次の画面へ移ります。

いよいよ名刺を読み込むのですが、今回は自分の名刺を並べてみました。

すべての名刺にターゲットリングが出たら、画面下の丸ボタンをタップ

こんな風に読み込んだ名刺のデータが並べられます。

見たい名刺の情報をタップすると次の画面へ移ります。

名刺に書かれたデータを読み取って

名刺そのものの画像データも保存されます。

こんな感じでサクサク名刺の登録ができるのです。最大10枚同時読取。
読取精度は今回のように9枚読み取るより、4枚程度にするほうが高いようです。
そうは言っても今回読取がおかしかったのは「〒」を「F」と読んでいた程度でした。
読み取ったデータの編集は、認証メールで認証を終わらせないとできないようです。

さて、このアプリの私なりの評価ですが、不採用です。
一番の理由はLINEのようなあの機能、あれは私には不要です。
というか、あれ使うかな?知らない同業者に話しかけるの?「はじめまして」とか?
ないな~~
私が古いのか、最近の若者は使うのか?
仕事のオファーする?くる?どうなんだろ?

自分のプロフィールが他人に晒される。
まぁそれは職業別電話帳だと思えば許容できるにしても、
読み込んだ名刺のデータはアップロードされ、
その企業に関する情報を人工知能が見つけてきますってことだけど、
厳重なデータ管理だというのだけれど、ちょっと不安。

このアプリ、名刺管理というよりビジネス向けSNSというべきかもしれませんね。
これが時代なのかな。
次探そう。

※画像は一部加工しています。

この記事は外部ブログを参照しています。すべて見るには下のリンクをクリックしてください。

記事タイトル:徒然日記-名刺管理

(ブログタイトル:工務店の日常)

ブログトップ«前へ次へ»コメント(0)

名前:
メールアドレス:
コメント:
パスワード:

BLOG MENU

CATEGORY