大阪で住まいのことならご相談ください。建築士と相談ができます。住まいの相談・見積りは無料です。

大阪府和泉市黒鳥町3-16-12

0725-41-4158

営業時間:月~金、9~18時

ブログ個人トップ工務店の日常

工務店の日常 2018/6

【ブログ更新】被災建築物応急危険度判定

投稿日時:2018/06/29(金) 11:02

大阪府北部を震源とする地震により被災をされた皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。

大阪府より依頼を受けました大阪府建築士会から被災建築物応急危険度判定士として27、28日と茨木市へ派遣され活動してきました。無事活動できましたことを関係者の皆様、特にペアを組んで判定活動をしたイワモリ、キタ両氏にお礼申し上げます。

活動して感じたことですが、「危険(赤)」判定の建物でも余震で倒壊するような状況というものはほとんどなく、大半が瓦のずれ、破損によるものでした。よくこれで瓦による死者が出なかったものだと思ったぐらいです。こういう状況を見ると、古い建物に完璧な耐震補強を目指すのもいいとして、瓦の葺き替えだけでも防災上重要ではないかと感じました。ニュースではコンクリートブロック塀の違法、既存不適格の話題が多かったですけれど、瓦も違法、既存不適格のものが多いのですから、死者が出る前に瓦の葺き替え対策をしてはどうでしょうか。

【ブログ更新】スノコの実験16

投稿日時:2018/06/24(日) 14:51

変化が分かりやすいように新材でも作りました。材はホワイトウッド40mmX27mmとポプラのLVL35mmX35mmの2種類。また、充填するのも粉末と液体の2種類です。


木に穴をあけます。片側に直径3?、深さ70mm


反対側に直径10?、深さ70mm。


穴に水で20倍に希釈したホウ酸を0.3mlと4.5ml注入します。子供の頃、昆虫採集キットに入っていた注射器が売られてないか探したのですが、見つけられなかったので、プリンターのインク充填用のものを使います。


10mmの方は前回と同じ丸棒で蓋をしたら隙間と丸棒からあふれてきました。木に浸み込むかと思って少し多めに入れたのがいけなかったのかも。


3mmの方は、注入しながら注射針を抜かないといけないのですが、上手くいかず溢れさせてしまいした。さらに、蓋に使った竹串からもあふれ出しました。植物なんだから水が通るようにできているわけで、当然の結果ですね。将来引き抜くかもしれないので5mm外に出すことにします。

この他、粉末を充填したものを作りましたが、10mmだけです。3mmには入れることができませんので。


左から、粉末充填、液体充填、素木のままです。これで様子を見ます。

さて、なにがしかの変化の違いが出るのでしょうか。

【ブログ更新】現況調査8

投稿日時:2018/06/23(土) 20:30

今回のご依頼は、4階建てマンションの鉄骨外階段の雨漏りを止める方法がないかとの内容です。

現場を確認したところ、踏面の水勾配が取れておらず、さらに段鼻ノンスリップで雨水がたまってしまっていました。その水が、段の隙間から漏れるのが原因と判断しました。

修理方法としては、段鼻は撤去、踏面にモルタルで水勾配を取り、その上から階段用の塩ビシートを張る。各階に排水用の溝を取る。その他もろもろ。過去に何度か修理していたようで、その度に錆止め塗装をされていたので鉄部はさほど損傷していませんでした。

見積書提出をお約束し、現場を後にしました。

【ブログ更新】現況調査7

投稿日時:2018/06/22(金) 16:19

今回の見積もり依頼は、2階和室の押入にトイレとシャワー、床の間にキッチン、バルコニーへ洗濯機を置けるようにして、そこで一通りの生活ができるようにしたい、というものです。

少ないスペースにこれだけのものを詰め込みますので、どうしても譲れない部分と妥協できる部分をお聞きし、後日給排水、ガス、電気、エクステリアの業者と再訪する旨お伝えして帰ってきました。

打合せ内容を図面化し、各専門業者に状況を伝えながら見積依頼をします。

リフォームの場合、例え少しのことでも専門業者の現況調査が必要になりますので、訪問回数が増えます。依頼者の方の負担になるのですが、正確な見積もりのためには、やむを得ないところです。(後から追加費用を請求したくないのでこうしています。)

【ブログ更新】既存住宅状況調査技術者講習

投稿日時:2018/06/14(木) 11:35

昨日は既存住宅状況調査技術者講習に参加してきました。

写真が思いっきり手ぶれしてますが、スマホは片手撮影しにくいのが欠点。コンデジでさえ小さくなりすぎて片手撮影しにくいのは何とかならんかと。。。

それはさておき、既存住宅の取引にはインスペクションが義務化されるというニュースを見たとき、これはえらいことになる!と思ったのですが、講習の最初のほうで、劣化状況の把握をするだけで基準法の違反状況や耐震性の有無の判定・診断はしないということがわかって脱力。さらに、床下、小屋裏は点検口から見える範囲だけ、点検口がなければ調べられませんでしたと記載する。こんなん意味あるんかと...それと同時に自分の早とちりに呆れた。

気を取り直して講義に集中。講師の大規模催眠魔法の呪文かと思われるような音声に耐えて昼休み、気分転換に会場周辺を散策。


公園の一角に、ミニサイズの色鮮やかな鳥居とお社を発見。狸坂大明神とのこと。

午後の講義はテキストの残り240ページほどを怒涛の勢いで終わらせ、そのあと終了考査。結果発表は8月上旬って...と思いつつ会場をあとに。

久々に帰宅ラッシュ時の電車に乗り合わせたので、会社勤めの頃は毎日乗ってたけど、どう乗ってたかなぁ、どう揺れに対応してたかなとか考えながら帰ってきました。
現在軽い筋肉痛です。(^^;

※7/3追記
スパムコメントが多いためコメント欄を閉鎖します。

0725-41-4158お電話

資料請求

お問合せ